着物のクリーニングの料金は、なぜお店によって全然違うのか?

「着物のクリーニングを依頼したい」そう思われた時、スマホやPCを使ってネットで検索してお店を探してみると、その料金に結構上下の差があることにお気づきだと思います。

同じ着物クリーニングですから、作業の内容が同じであれば、料金が安いお店に頼む方が良いに決まってます。

私も一消費者であれば同じです。

ここで話は少し変わりますが、「手間賃仕事」という言葉はご存知ですか?

その言葉からも想像出来ると思うのですが、要は、人の手で手間をかけた作業を行い、その手間がかかった分の料金をいただく仕事のことです。

着物のクリーニングや染み抜きという仕事は、まさにこの「手間賃仕事」で、かけた手間の分の料金をいただくことが、売り上げの全てなんですね。

ではどうして、同じ着物クリーニングで同じ手間賃仕事なのに、他店よりも安く出来るお店があるのでしょうか?

企業であればよく言われるような、企業努力によるコストダウンでしょうか?

手間賃仕事も商いである以上、コストダウンの余地がないとは言いませんが、「手間賃仕事のコストダウン=売上の減少」なので、ほぼ全てが手作業の着物クリーニングの場合、大幅な効果は難しいですね。

では、最新の機械を導入して、効率化を成功させたからでしょうか?

当サイトでも下洗いの動画を公開させていただいておりますが、着物クリーニングや染み抜きは、機械化出来る部分はほとんどありません。

では、他店に比べて大幅に激安料金の着物クリーニングのお店は、いったいどうやって利益を得ているのでしょうか・・?

ここまで読んでくださった方は、もう既にお気づきの方も多いかと思います。

そう、まことに悲しい事実ですが、そういうことなんです。

手間賃仕事である着物クリーニングで、激安とも言えるような料金で利益を得るには、お着物を綺麗にするためにかける手間を省くしかないんです。

当店の着物クリーニングと他店との大きな違い

では、当店の手間暇を惜しまない着物クリーニングと、激安で綺麗にするための大切な手間を省いた着物クリーニング、その違いはどのようなものかをお話したいと思います。

「着物をクリーニング(丸洗い)に出したのに、衿や袖口の汚れがイマイチ落ちてなかった。」そんな残念な経験をされた方はいらっしゃいませんか?

着物を綺麗にするためのクリーニングなのに、なぜこんな悲しいことが起こってしまうのでしょうか?

その疑問に対する一つの答えがあります。 それは、着物をクリーニングする際に「下洗い」という作業を行っているかどうか?です。

着物を着用された際は、どれだけ上手に着こなされる方であっても、衿と袖口は必ず汚れてしまいます。汚れの原因は、お化粧のファンデーション、皮脂汚れ、汗など・・・

これらの汚れのうち、汗以外は汚れの具合が軽いものであれば、クリーニングだけでもある程度は落ちるのですが、ある程度以上に濃い目に付くと、部分的に圧力をかけて汚れを落とす必要がありますので、単に全体を洗うだけでは汚れが残ってしまうのです。

さらに、汗の場合、クリーニングで洗うだけではほとんどが落ちずに着物に残ってしまうのです。

当店を含め、着物のクリーニングに誇りを持って仕事をしている業者さんは、上記のことを熟知していますので、クリーニングを行う前に、きちんと手作業で汚れや汗を落としておきます。それが「下洗い」の作業です。(下洗いでの汗抜きは、衿と袖口がクリーニングの範疇になります。それ以外の箇所は、別途汗抜きという染み抜きの作業が必要になります。)

この作業を行なっておくとクリーニング後に着物に汚れが残りませんし、汗による経年劣化(変色・黄変)もかなり起こりにくくなります。

お着物の衿や袖口の汚れがほとんど落ちずに仕上がってくる業者は、お着物を業務用の洗濯機にたくさんの着物を放り込んで洗って、吊るして乾燥させて、あとは汚れやシミのチェックもせずにアイロンをかけているだけです。

これだけでも、当店といい加減な加工をしている店との大きな違いですが、当店は、クリーニングの洗いの方法そのものにも料金の安い着物クリーニング店との大きな違いがあります。

当店の着物クリーニングは、なんと、3回洗います!

皆さんは、着物のクリーニングの洗いの工程はどんな機械で行うか、ご存知でしょうか?

かなり大雑把な表現ではありますが、現在の家庭用洗濯機の主流であるドラム式洗濯機、アレを巨大にした感じの機械で、水ではなく、着物専用のクリーニング溶剤液で洗っています。どちらかというとコインランドリーにある洗濯機を想像していただいた方が良いですね。

違いを語ると言っておきながら身も蓋もない表現ですが、着物クリーニングにおける着物の洗い方そのものにおいては、料金の高い安いに関わらず、どのお店であっても大差ないと思います。

では、当店の着物クリーニングと激安着物クリーニング店との大きな違いとは、いったい何なのでしょうか? ここからが重要な話ですよ。

実は、当店の着物クリーニングは、全国的にもかなり希少な洗いの方式の、「三浴式」というクリーニングの方式を行なっております。

三浴式という方式は、文字から理解してくださった方もいらっしゃると思いますが、クリーニングの工程において、溶剤液を新しい物に入れ替えながら合計3回も洗って、着物の汚れを綺麗に落とす、従来の方式とは全く違う、革命的な着物クリーニングなのです。

では、お待たせいたしました、その三浴式の詳しい工程をご説明いたします。

まず一浴目は、予洗といわれる作業になります。
一浴目の予洗という工程においては、全体の汚れを溶剤中に溶かしだすことを目的としています。この段階でもほとんどの汚れは落ちていくのですが、これだけではまだ当店の着物クリーニングの仕上がり基準には届きません。

次のニ浴目は、本洗といわれる作業になります。
一浴目で汚れを浮かした後は、ニ浴目で新しい溶剤液にて濾過フィルターを通しながら洗うことで、浮き出た汚れのみならず、イヤな臭いなども除去していきます。

最後の三浴目は、仕上げ洗いといわれる作業になります。
ニ浴目で汚れを全て除去した後は、三浴目でまた新しいクリーニング溶剤液に入れ替え、最終的に綺麗にするためのすすぎ仕上げの洗いを行います。

以上が、当店の着物クリーニングと一般的な着物クリーニングとの大きな違いとなります。

では、一般的な着物クリーニングは、いったいどのような洗い方をしているのでしょうか?

当店の着物クリーニングが三浴式という希少な方式であることはご説明いたしました。では、一般的な着物クリーニングの洗い方は?というと、ほとんどのお店が一浴式、つまり、同じクリーニング溶剤液で一回洗って仕上げておしまい、というやり方なのです。

皆さんがご家庭の洗濯機でのお洗濯の際は、一回洗って終わりでしょうか?違いますよね。機種によっても違いはあると思いますが、洗いとすすぎで最低3回、多ければ、4回洗っているはずです。なぜならば、そうしなければ綺麗にならないからです。

一浴式の場合、溶剤液を入れ替えませんので、汚れが浮き出た液で最後まで洗うことになります。

もちろん、水と溶剤液の違いはありますが、果たしてこれで綺麗になるのでしょうか・・・?

当店の着物クリーニングと他店との大きな違い、分かっていただけたでしょうか?

大切なお着物を任せたいのは、果たしてどちらのお店だと思われましたか?

当店へご相談されたいと思われた方は、以下よりお気軽にお問い合せくださいませ。

着物の染み抜き・クリーニング・お手入れなどでお困りなら何でもお気軽にご相談ください。    ⇩今すぐお電話ください⇩075-204-7738受付時間 11:00-18:00 [定休日 日曜・祝日 ]

なをし屋へのお問い合わせ方法はこちらお気軽にご相談ください。

 

皆さまのご相談・お問い合わせ、心よりお待ち申し上げております。

着物クリーニング染み抜き.com【なをし屋】代表 栗田 裕史