着物クリーニングと染み抜きという仕事はまさに「手間賃仕事」

着物クリーニングには染み抜きが付き物なんですが、クリーニング店ですと染み抜きを無料でやっているお店なんかもありますので、どの辺りが適正な料金なのか、なかなか分かりにくいと思います。 普通に考えれば、仮に全く同じ事をしているのであれば、料金が安い方が良いに決まってますよね。

話は少し変わりますが、あなたは「手間賃仕事」という言葉はご存知でしょうか?

その文字から意味が想像出来るように、人の手で手間をかけた作業工程が必要で、その手間に応じた料金をいただく仕事のことです。
着物クリーニングと染み抜きという仕事は、まさにこの「手間賃仕事」で、かけた手間の分の料金をいただくことが売り上げになります。

ではなぜ、同じことをしているはずの手間賃仕事なのに、他店に比べて安く出来たり無料で出来るお店があるのでしょうか?
それは、企業であればよく言われるような、コストダウンなどの企業努力でしょうか?

確かに、それである程度のコスト削減は図れますが、ほぼ全てが手作業の着物クリーニングと染み抜きの場合、劇的な効果は難しいですね。

では、最新の機械を導入して、作業の自動化と効率化を成功させたからでしょうか?

実は、全ての工程において、着物クリーニングと染み抜きは機械で自動化出来る部分はほとんどありません。
では、激安料金で着物クリーニングをするお店や無料染み抜きを謳うお店は、どうやって利益を得ているのでしょうか・・?

街のクリーニング店は、着物クリーニングと染み抜きをするお店ではない

染み抜き タグ

↑↑↑↑

街のクリーニング店に品物を出したら、こんなタグが付いて帰って来たことは無いですか?

当店は着物クリーニングと染み抜き専門店であり、一般的なクリーニング店で落ちなかったシミというのは日常的にかなりの数をお預かりさせていただくのですが、こんな感じのタグが付いているお着物や洋服が多いです。

もちろん、簡単には落とせないシミも多くあり、下手に触らずに返されるお店の方が良心的な場合もあります。
ですが、多くの場合、どう見ても染み抜きを行った形跡すらないシミが付いたままのお品物ばかりです。

とは言え、ここでクリーニング店さんを批判するのは間違いです。
何故なら、最初に言ったように、着物クリーニングと染み抜きは手間賃仕事ですから、激安もしくは無料で綺麗にシミを落すなんて、どう考えてもコストが見合わないからです。

クリーニング店さんは、洗って仕上げて料金をいただくというビジネスモデルになっています。
あくまで、お手入れや染み抜きは、お客へのサービスもしくは集客のための手段に過ぎません。
クリーニング店は、洋服をクリーニングをするお店であって、着物クリーニングと染み抜きをするお店ではないのです。

シミが付いて着られない想い入れのある大切お着物があった場合、それをまた着られるように綺麗にしたいのなら、依頼するのは街のクリーニング店でしょうか?
それとも、手間隙かけて染み抜きをしている、職人の着物クリーニング染み抜き専門店でしょうか?