手間賃仕事を卸価格に出来ないわけ

手間賃仕事の職人であっても、業者同士のお取り引きの場合、卸価格・業者価格、という概念があります。

一般消費者との商行為の価格よりも安く、業者間の取引を行うことです。

ウチも、ある程度…というレベルですが、もちろんあります。

やる事が同じなのに、何で値段が違ってくるのか?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

また、職人さんの中には、業者間も一般消費者も、同じ作業内容なら価格は同じにする、というお考えの方もおられるようです。

そこはその職人さんの考えなので、ボクがとやかく言うことではないかもしれません(言いますけどねw)

ですが、卸価格・業者価格という概念、これにはきちんとした理由があります。

例えば、ウチの場合を例にして解説していきます。

一般消費者の方からのご依頼を承らせていただく場合、大きく分けて、集客→ご相談の承りや修復内容及びお見積もり金額などのやり取り→作業→仕上がりのご連絡→集金→納品もしくは発送作業…といった感じの流れになっております。

一方、業者間のお取り引きの場合、見積もりのご連絡→作業→納品もしくは発送作業、という感じの流れになります。

どうでしょう?ここまでで気が付かれましたでしょうか?

そうなんです、一般消費者の方との流れに比べて、業者間の取り引きの場合は、かかる手間が圧倒的に少ないんです。

手間がかかるということ、それは言い換えれば、全てお金をいただくまでにかかるコストである、ということです。

価格の差は、かかるコストとリスクの差

同じことをしていても、お金をいただくまでにかかる手間が違えば、それをコストとして考慮するのは、経営者なら当たり前のことです。

なぜなら、その手間を他に向ける事が出来れば、より多くの作業が出来ますので、その分の売り上げも上げることが出来ます。

それに、お金をいただくまでには、どうしてもリスクという物を無視出来ません。

何らかの理由で集金出来なかったり、なかなか支払っていただけなかったり、手元にお金がくるまでには、多少のリスクが伴います。

そのお金をいただくまでのコストやリスクを肩代わりしていただいているからには、その分は自社ではなく取り引き先が受け取る分ですから、その分を引いて純粋な手間賃を請求するということは、ごく当たり前のことだと思います。

ただ、絶対に忘れてはいけないことは、手間賃には適正価格があるということです。

いくらコストとリスクを肩代わりしてもらっているといっても、業者間のお取り引きで請求する額を全く割に合わない金額にすることは本末転倒ですし、取り引き先が適正価格を大きく超えた金額をお客様に請求していないか?などにも意識を持つ必要があります。

仕事であるからには、常にコスト意識を持って、価格を決める必要があります。

手間賃仕事において作業が同じであれば、料金の違いがあるのはおかしいと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、先に述べたように、集客からお金をいただくまでには必ずコストとリスクが付きものです。

職人であっても経営者ですから、継続的に商いを続けられるようにしていかなくてはなりません。

その為には、コストとリスクというものを常に軽んじではいけないのです。

 

 

【洋服の塩素系漂白剤による脱色の染み抜きと染色補正】

洋服に塩素系漂白剤が付着したことによって、脱色と変色を起こしてしまっています。

 

IMG_1258

 

塩素系漂白剤による脱色は、非常に色が定着しにくいという難儀な性質がありますので、通常の染色補正よりも知恵を絞る必要があります。

 

IMG_1259

 

 

さすがに完全に・・・とはいきませんが、かなり目立たなくは出来たと思います。

 

IMG_1260

プロフィール

栗田 裕史
栗田 裕史
1969年京都生まれ京都育ち。染色補正という裏方の業種の職人でありながら、BtoBからBtoCへ挑戦。全て自力でサイトを作り「なをし屋」という屋号で、表舞台へと出る。他店で直せない品物の依頼も多く、一年を超える期間のお預かりもある、変色したり黄ばんだりしたシミも直してしまう染み抜き屋です。「物」ではなくご依頼者様の「想い」を救いたいといつも思っています。【国家認定・一級染色補正技能士】【国家認定・京友禅(仕上げ部門)伝統工芸士】
LINEで送る
Pocket