着物の紋の周りの変色の色修正

なをし屋代表・栗田裕史

お手持ちの着物に紋が入れてあるお着物はございますか?

その中で、紋の周りの色が変色しているように見えるものはないでしょうか?

例えば、こんな風に。

 

紋 変色 色修正前

 

見て分かるように、紋の周囲だけが変色してしまっています。

他の部分も変色しているならともかく、紋の周りだけがピンポイントで変色している。

どうしてこうなったのか?不思議に思いませんか?

実はこれには明確な原因があります。

紋を着物に入れる時、黒留袖や黒紋付のように、染める前に染料が入らないように糊やゴムで伏せて、紋を入れる箇所が丸く白抜けした状態で染め上がった物(石持ちと言います)以外は、紋を入れる時に着物の地色を抜かなくてはなりません。

紋屋さんがその地色を抜く際には、色を抜く薬品を使うのですが、その際の薬品を洗い流す作業が不十分で薬品が残留したことにより、時間とともに薬品が残留した部分のみ、地色が変色もしくは脱色してしまうんですね。

紋屋さんが薬品を洗い流すのに使う道具ですが、大抵の場合、超音波振動で水を出しながら洗浄する機械を使っています。

こういうやつです。

 

ソノフラッシュ

 

 

商品名はソノフラッシュと言います。

この機械、多くの染み抜き屋さんも使っていますが、はっきり言って、これを使った洗浄だけじゃ、薬品を洗い流すには不十分です。

だって、理屈で考えたら分かるんですが、この機械はシミや薬品を生地の下に落とす力はありますが、同時に周りにもその洗浄液が広がっていくんです。

下から吸引しながら洗浄するのであればまだしも、下にタオルなどをひいてこの機械で洗浄するだけじゃ、生地に薬品が残留するのは当たり前ですよね。

「そんなことはない、機械をきちんと使えば、ちゃんと洗えている」と言う染み抜き屋さんもいるでしょう。

じゃあ、上の画像のような品物がちょくちょく出てくるのはなぜですか?

紋の周りの変色だけでなく、染み抜き跡の周囲だけが変色や脱色している着物が少なくないのは、なぜですか?

論より証拠。

この機械は、薬品を洗い流すという目的には、はっきり言って役不足です。

うちの場合は、このような機械で、シミや薬品を洗い流しています(かれこれ今までに同じような物を7~8台購入して、染み抜きの道具も常にアップデートしています。これは最新式です)

 

シルクガン

 

超音波ではなく、水が細かい粒子となって流れ続けるのと、さらに洗った水を常に吸引しながらキレイな水で連続して洗浄するので、効果的に薬品を洗い流すことが出来ます。

 

脱色した部分には、元に戻るように合わせた色をかけて修正します。

 

紋 変色 色修正後

 

このように、かなり分からない状態に直すことが出来ました。

プロフィール

栗田 裕史
栗田 裕史
1969年京都生まれ京都育ち。染色補正という裏方の業種の職人でありながら、BtoBからBtoCへ挑戦。全て自力でサイトを作り「なをし屋」という屋号で、表舞台へと出る。他店で直せない品物の依頼も多く、一年を超える期間のお預かりもある、変色したり黄ばんだりしたシミも直してしまう染み抜き屋です。「物」ではなくご依頼者様の「想い」を救いたいといつも思っています。
LINEで送る
Pocket