江戸小紋の着物 変色・黄変したシミの染み抜きと色修正

江戸小紋と呼ばれる細かい柄の型を使って染めた着物に、かなり年数が経って変色・黄変してしまったシミがあります。

 

変色したシミは染み抜きをして色が抜けている部分を染料で色修正して直すのですが、江戸小紋のような細かい柄の場合、染み抜きを行って色が抜けてしまうと、柄を元に戻すのが非常に難しいので、染み抜きで極端に色が抜けるお品物の場合は、修正困難という診断をさせていただくこともあります。

今回のお品物は、テストの結果、極端な色抜けは起こらない分かったので、出来る限りシミの部分を目立たなくするように染み抜きと色修正を行いました。

 

慎重に染み抜きを行ったところ、シミが抜けましたが、少し黄ばみも残って色も薄くなったので、出来るだけ周囲と馴染むように色修正を施します。

 

よーーく見ると少し色ムラがありますが、ご着用には全く問題がない状態に直すことが出来ました。

プロフィール

栗田 裕史
栗田 裕史
1969年京都生まれ京都育ち。染色補正という裏方の業種の職人でありながら、BtoBからBtoCへ挑戦。全て自力でサイトを作り「なをし屋」という屋号で、表舞台へと出る。他店で直せない品物の依頼も多く、一年を超える期間のお預かりもある、変色したり黄ばんだりしたシミも直してしまう染み抜き屋です。「物」ではなくご依頼者様の「想い」を救いたいといつも思っています。【国家認定・一級染色補正技能士】【国家認定・京友禅(仕上げ部門)伝統工芸士】
LINEで送る
Pocket