自己流の染み抜きで事故った着物の染み抜きクリーニング

着る予定があって、いざ着物を着ようと着物を拡げたら、シミが付いていた。

ここで「時間がないから」「とりあえずやってみよう」ということでご自分で染み抜きされてしまう間違った勇気を持つ方が結構いらっしゃいます。

ベンジンを使う程度の染み抜きなら、それほど大きな染み抜き事故にはなりませんが、水や石鹸などを使うと、場合によってはとんでもない大きな染み抜き事故になる場合がありますので、ボク個人の見解としては、家庭染み抜きは着物に関してはしない方が無難だという考えです。

ちょっと不思議な感じの輪ジミががある着物ですよね?

お客さんがご自分で染み抜きしようとしたら、色が抜けてさらに色にじみの輪ジミまで出来てしまったという染み抜き事故です。

 

染み抜き事故 染み抜き前

こうなると、もう染み抜きのプロでなければ直すことは不可能です。

本来落としたかった中央のシミを染み抜きし、さらに色にじみの輪ジミを染み抜きします。

 

染み抜き事故 染み抜き中

あとは、色が抜けている部分に色修正を施して、限りなく元に戻します。

 

染み抜き事故 染み抜き後

自分でなんとかしたいというお気持ちは分からんでもないですが、大抵の場合は悲惨な結果になりますので、やはり餅は餅屋、染み抜きは染み抜き屋にお任せください。

LINEで送る
Pocket