なをし屋が救いたいのは、
着物ではありません。

・お着物の染み抜き・クリーニングやお手入れ全般でお困りの方。

・思い入れのある大切なお着物を何とかキレイにしたい方。

・大切なお着物を大切に扱って欲しいと思う方。

・他店でお手入れ不可能と断られたお着物でお困りの方。

・大切なお着物を激安クリーニング店に出して酷い目にあった方

あなたの大切なお着物への愛と想いを救いたい、といつも願っているお店です。

当店に向いている方は、上記のようなお悩みをお持ちのあなたです。【なをし屋】代表、着物染み抜き・クリーニング・お手入れの匠、染色補正師・栗田 裕史(くりた ひろし)にご相談ください!

着物クリーニング・染み抜き動画

当店の着物クリーニングとお手入れの事例画像集です。ぜひご覧くださいませ。
※音が出ますので、ご注意ください。※

その他・最新の事例は、なをし屋代表ブログの着物染み抜き・クリーニング事例集をご覧下さい。

着物の染み抜き事例

着物の染み抜き事例

詳しくはこちら

洋服の染み抜き事例

洋服の染み抜き事例

詳しくはこちら

本物の着物クリーニング

着物のお手入れ

詳しくはこちら

「染み抜き(汚れ落とし)・洗い(クリーニング)だけ」ではありません!

当店は、単なる着物の染み抜きとクリーニングだけのお店ではありません。
着物の染み抜き技術と高度な色修正技術(染色補正)によって、シミによる変色・脱色をも修復する、染み抜きと修正のプロフェッショナル、染色補正師が代表を務めるお店です。
代表の栗田 裕史(くりた ひろし)は、テレビ・着物専門誌・大手新聞など各種メディアで、「染み抜き・着物お手入れの達人」として紹介されています。

ご相談から承り後の作業完了まで、一貫して同じ職人が承ります

着物の染み抜きやクリーニングやお手入れを行うお店は世に数多くあります。
ですが、多くのお店は取り次ぎだけで下請けの業者の丸投げで加工に出しているか、受付と作業をする人が別で、作業を行う職人に直接相談や確認が出来ませんので、お着物への想いや細かいご要望などが伝わりません。

当店は、ご相談のお伺いから検品テスト・お見積もり・染み抜き作業まで、同じ職人が一貫して行います。お客様のご要望はもちろんのこと、お品物への想いや愛情まで、実際に作業を行う職人【染色補正師・栗田 裕史】が責任を持って承ります。

お気軽にご相談ください

「こんなになったシミ、落ちるかな・・?」
「こんな質問していいのかな・・?」

誰でも初めてのことは緊張するものだと思いますし、良く分からない部分も多いと思います。
ましてや、直接お顔を合わせずに大切なお着物をやり取りすることに、多少の不安を感じる方もいらっしゃると思います。

ですが、どうぞご安心ください。当店は着物の染み抜き・クリーニング・お手入れのプロショップです。
ご相談いただければ、お客様が納得されるまで丁寧にご説明・ご提案させていただきます。

お着物のトラブルでお困りなら、まずはお気軽にご相談ください。
当店には「コワい職人」はいませんのでどうぞご安心ください。

なをし屋会社概要

会社概要

詳しくはこちら

代表・染色補正師 紹介

代表・染色補正師 ご紹介

詳しくはこちら

店主ブログ「染み抜き稼業なをし屋」

店主ブログ

詳しくはこちら

クリーニング=しみ抜き?

大切なお着物の染み抜き(しみ抜き)・クリーニング・お手入れ、どのように対処しておられますか?
おそらく、どこに出せば良いのか分からなくて、呉服店やクリーニング屋さんに依頼する方が多いと思います。
その時、お店の方にこのように言われたことはありませんか?
「とりあえず、汚れを落としてさっぱりするために、丸洗い(クリーニング)しておきましょう」

当店も汚れを落すために着物をクリーニングいたします。それには効果があります。
しかし残念ながら、丸洗い・ドライクリーニングだけでは【汗・食べこぼし・黄変・ワイン・コーヒー・醤油・ボールペン・口紅・・・】などのシミは落ちません。
当店に持ち込まれるお着物の大部分は、クリーニングで治らないモノなのです。

三百年の伝統の技(わざ)と革新の融合

当店は、着物の街、京都に約三百年受け継がれる染色補正(着物お手入れを行う業種)の流派「幾久屋(きくや)流」の技術を継承し、さらに最新の技術・理論・設備・化学を融合させて生まれた、着物染み抜き・クリーニング・染色補正の工房【なをし屋】です。

着物だけにとどまらず、洋服・革製品などの染み抜きも、着物のお手入れで培った技術力で承らさせていただいております。
全国の呉服小売店・クリーニング店・着物お手入れ専門店様などからもご信頼をいただいており、大変多くのご依頼を頂いております。

もっと着物を楽しんで欲しい・・・

当店代表の心からの願いです。

「もっと着物を着たいけど、お手入れが面倒・・・」
「着る度にクリーニングするのは大変だし・・・」
「着物のお手入れを全て任せられるお店がなくて・・・」

伝統的な衣裳でもあるし、着物は大好きなんだけど・・・とおっしゃられる方からよくお聞きするお言葉です。

当店では、着物の染み抜き・クリーニングはもちろんのこと、衿・袖口だけの簡単お手入れなども喜んで承っております。
また、着物流通の本場・京都に店舗を構える利点を生かし、洗い張り(解き洗い)・かけつぎ・柄足し・金彩加工・染め替えなど、あらゆるお手入れ加工も承っております。

お着物のお手入れのことで何かお悩みがあれば、まずはお気軽に当店にお尋ねくださいませ。

着物のお手入れ参考価格表

染み抜きという仕事はまさに「手間賃仕事」

染み抜きの料金って、クリーニング店ですと無料でやっているお店なんかもありますので、どの辺りが正当な料金なのか、分かりにくい部分があると思います。 普通に考えれば、全く同じ事をしているのであれば、絶対に料金が安い方が良いに決まってますよね。

ここで話は少し変わりますが、「手間賃仕事」という言葉はご存知でしょうか?

文字からも想像出来るように、人の手で手間暇かけた作業工程が必要で、その手間に応じた料金をいただく仕事のことです。
染み抜きという仕事は、まさにこの「手間賃仕事」で、かけた手間の分の料金をいただくことが、売り上げの全てです。

ではなぜ、同じ手間賃仕事なのに、安く出来たり無料で染み抜き出来るお店があるのでしょうか?
企業であればよく言われるような、企業努力でしょうか?

確かに、それである程度のコストダウンは図れますが、ほぼ全てが手作業の染み抜きの場合、大幅な効果は難しいですね。

では、最新の機械を導入して、作業の効率化を成功させたからでしょうか?

全ての工程において、染み抜きは機械で自動化出来る部分はほとんどありません。
では、激安料金や無料染み抜きのお店は、どうやって利益を得ているのでしょうか・・?

答えは簡単です。手間のかかる染み抜きは、努力したが取れなかったと言えば良いのです。

クリーニング店は、染み抜きをするお店ではない

↑↑↑↑

みなさん、クリーニング店に着物を染み抜きに出したら、こんなタグが付いて帰って来たことは無いですか?

当店は着物染み抜き・クリーニング・お手入れの専門店であり、クリーニング店で落ちなかったシミというのは日常的にかなりの数をお預かりさせていただくのですが、こんな感じのタグが付いているお着物や洋服の多いこと・・・

もちろん、簡単には落とせないシミも多くあり、下手に触らずに返されるお店の方が良心的な場合もあります。
ですが、多くの場合、どう見ても染み抜きを行った形跡すらないシミが付いたままのお品物ばかりです。

とは言え、ここでクリーニング店さんを批判するのは間違いです。
何故なら、最初に言ったように、染み抜きは手間賃仕事ですから、激安もしくは無料で綺麗にシミを落すなんて、どう考えてもコストが見合わないからです。

クリーニング店さんは、洗って仕上げて料金をいただくというビジネスモデルになっています。
あくまで、染み抜きはお客へのサービスもしくは集客のための手段に過ぎません。
クリーニング店は、クリーニングをするお店であって、染み抜きをするお店ではないのです。

シミが付いて着られないお着物やお洋服があるとして、綺麗にしたいのなら、依頼するのはクリーニング店でしょうか?
それとも、手間隙かけて染み抜きをしている職人の染み抜き専門店でしょうか?

着物の染み抜き・クリーニング・お手入れなどでお困りなら何でもお気軽にご相談ください。    ⇩今すぐお電話ください⇩075-204-7738受付時間 11:00-18:00 [定休日 日曜・祝日 ]

なをし屋へのお問い合わせ方法はこちらお気軽にご相談ください。

染み抜き・クリーニング価格表

染み抜き・クリーニング価格表

詳しくはこちら

染み抜きのご依頼方法

染み抜きのご依頼方法

詳しくはこちら

お問い合わせ方法

 お問い合わせ方法

詳しくはこちら

ご依頼いただいたお客様の喜びの声

当店へいただいたお客様の喜びの声を、ほんの一部ですが、ご紹介させていただきます。

栗田さま、こんばんは。
お着物届きました。
とてもきれいになったのでうれしく思います!
また、何かの際にはお願いしたいと思います。
ありがとうございました。 東京都 Y様

なをし屋代表 栗田様、おはようございます。
綺麗にして頂きまして有難うございました。
有名な染色補正師さんにお願いするには申し訳ないような小さなお仕事で恥ず
かしかったのですが、お願いして良かったです。
栗田さまは「七緒」などの着物雑誌に出ておられますので、お忙しい事と存知ますが、
「他のお店では無理かな・・・」という時には頼らせて頂きたいと思いますので、
今後とも宜しくお願い致します。 本当に有難うございました。 大阪府 Y様

栗田様 鹿児島のHです。
先ほど、お宮参りの着物届きました。
ドキドキしながら開けてみました。
新品のようにきれいにしていただき驚きました。
父が用意してくれた着物がよみがえり、嬉しい気持ちでいっぱいです。
来週、皆でお宮参りに行ってきます。
本当にありがとうございました。 感謝。 鹿児島県 H様

なをし屋 栗田様
昨日、着物が届きました。
シミのあった場所がとてもキレイになっていたので
びっくりです。少し残るかもしれないと伺っていた部分も、
じっくり見れば分かるかな?くらいにまで消えていたので、
本当に嬉しかったです。
丁寧&素早く仕上げていただいて、感謝感謝です。
早速、週末に着て出かけたいと思います。
ありがとうございました。  大阪府 N様

振袖の染み抜き、しっかりやって下さり、ありがとうございました。
着物全体に無数に大小のシミというか、斑点というか、
全く訳の分からないものが付着していて、
娘に私の振袖を着せるのは無理とあきらめていました。
でも、「なをし屋」さんのしっかりした技術でよみがえらせてもらい、本当に感謝しています。
弟の結婚式では、みなさんに「私のよ」と言うと、「親子二代で着られて幸せね」
と言ってもらいました。 娘も満足して喜んで着ていました。
なをし屋さんのますますのご発展をお祈りします。
ありがとうございました。  愛知県・S様

昨年秋に 振袖の染み抜きをしていただきました、Tと申します。
染みを綺麗にしていただき 娘は無事に成人式に出席いたしました。
たくさんの美しい晴れ姿の娘さんたちの中
30年前の振袖でも、決してひけをとらずよい時間を過ごす事ができました。
栗田さま他、スタッフのみなさまにお礼申し上げます。
ありがとうございました。 京都・T様

この度は、いろいろとお世話になりありがとうございました。 無事振袖が届きました。
とても綺麗になっていて、思わず拍手!! 素晴らしい技術だと感服しております。
以前、クリーニング店で訪問着の染み抜きを依頼したところ、まったく取れず、
ますます悪くなったのではと言う体験をしていたので
本当に嬉しく、お願いして良かったと感謝しております。
ありがとうございました。 広島県・I様

先日、振り袖と色無地の染み抜きをお願いしましたTです。
クリーニングもしていただきましたので
新品のように美しく仕上がっていて、驚きました。
どれも濃いしみでしたので、ダメだろうと諦めていただけに
本当にびっくりです。まさに神業です。
ひとつひとつ丁寧にとっていただいただいたのだろうと思い、
職人さん方の真心を感じました。
また、包装もていねいにしていただき新品を受け取ったような気持ちです。
美しく生まれ変わった振り袖を娘に着せてやる日を、
今から楽しみにしています。
本当に、ありがとうございました。 奈良県・T様

昨夜、宅配便にて着物を受け取りました。

見違えるほど、きれいになっていて何よりです。
母娘3代で着ることができ、うれしく思います。

何か所もあった汚れを丁寧に直していただき、
心から感謝いたします。
どうもありがとうございました。 東京都・T様

なをし屋代表・栗田さま

本日午後、帯が到着いたしました。
帯に付けてしまった食べこぼしの染み・染料の飛び跳ねの染み、
両方ともすっかり取れ、何事もなかった様にきれいに仕上げていただき、
大変満足いたしております。

この帯は決して贅沢な品ではありませんが、
私の結婚の折り母が求め、今は私の娘が締めております。

先日、娘の友人の結婚式の二次会があり、
その折にこの帯を締めて行き、粗相をしてしまいました。
私は、もうお役御免の時期が来たかと思いましたが、
娘はこの帯を大変気に入っており、自分で費用を出すから、
クリーニングして欲しいとの事でした。
私は、娘がこのように思えた事を大変嬉しく思いました。

着物の手入れはなかなか難しく、決まったお店を持たない私は、
ネットでの評判を頼りに、HPを拝見し、貴店にお願いする事にしました。
電話での対応、メールでのやり取りも、何のストレスもなく
スムーズに運び、クリーニング・梱包も丁寧で、
貴店にお願いして良かったと、とても良い心地でおります。

また、何かありましたら、ぜひ、相談させてください。
大変お世話になり、ありがとうございました。 神奈川県・S様

先ほど、娘に袖を通させました。
本当にきれいに仕上がっていてうれしい驚きでした。
ネットで探して頼んだので到着するまで少々不安でしたが、
ホームページに書かれている評判通り、それ以上の仕上がりで娘も大変喜んでいます。

この振袖は当時高価だったけれど、母が気にいって買ってくれた物でした。
18歳で東京の短大に行った私は嬉しくはありましたが、
どれほどの思いで母があの着物を選んだのかはわからずにいました。
それから数年で母は亡くなり、母の事を思い出すのはつらすぎて
当時の事はあまり振り返らずに生きてきました。
今日、振袖を見て娘と2人で私の成 人式やその当 時の写真を見て、
懐かしい思いに浸りました。
娘と一緒ならつらかった思い出もただただ懐かしく穏やかな気持ちでいられました。

私の為にこの振袖を用意してくれた両親、この振袖を着たいと言ってくれた娘、
30年も経た着物を美しく蘇らせてくださったなをし屋さまに、
ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。 神奈川県・H様

前略
1月に振袖のマジックしみでお世話になった東京の美容室です。
その節はご多忙中にもかかわらず、お骨折りいただきありがとうございました。
仕上がりにはお客様も十分満足していただいたのはもちろん、店の者全員が”きれい”と言葉が出ました。
お客様に不自由かけたのに、感謝されてしまいました。改めてお礼申し上げます。「ありがとうございました。」
末筆ながら、貴社のご健勝と一層のご活躍をお祈り申し上げます。 東京都・B美容室様

 全国どこからでも、ご依頼いただけます!

当店は、全国対応の着物しみ抜き・クリーニング専門店です。クリーニングで落とせないシミは、技術のあるお店へどうぞ!
宅配便にて、全国の衣類のトラブルに対応させて頂きます。
染み抜きのご依頼方法
当店の着物染み抜きとクリーニング店の一番の違いは、シミが全く落ちない・着用できる状態にならない(※)場合には、料金は1円も頂かないということです。
(※)仕上がり品の状態の判断基準は、基本的には当店の判断基準によります。
【ご依頼品送付先】
〒604-8846 京都市中京区壬生西桧町16番地7
「なをし屋」
TEL 075-204-7738

お見積もりなどのご連絡についての当店からのお願い

お陰様で現在大変多くのご依頼をいただいておりまして、お見積もりなどのお返事にも少しお時間を頂戴しております。
お急ぎのお客様は、誠にお手数ですが、当店に荷物が届いた翌日以降に、お電話などでご連絡くださいませ。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。

染色補正師とは?

染色補正師は、シミを落とすだけでは直らない変色・退色・脱色した着物や洋服に高度な色修正を施すことによって、限りなく元に近い状態に戻す、衣類の修復のスペシャリストです。

約三百年の歴史を持つ伝統の技と最新の化学・理論を融合させた技術力で、貴方の大切なお着物を救います。

なをし屋代表プロフィール

1993年 神戸の高級洋菓子製造会社に入社。店長候補として百貨店の店舗に勤務し、カスタマーサービスのあり方を学ぶ。

1994年 京都で約三百年続く伝統の着物お手入れ技術職、「染色補正師」の父の姿を見て育つ。

幼い頃から漠然と抱いていた技術職への憧れが、一社会人として客観的に「染色補正」という仕事を見た時に、現実の生き方へと変化を遂げる。

そして家業である染色補正業を継ぐ事を決心し、故郷の京都に戻り、染色補正師の父に師事。

修行開始当初は、なかなか思い通りの仕上がりにならず、「自分は本当は職人には向いてないのではないか?」と思い悩んだ事もあった。

しかし日々の作業の中で以前は出来なかったことが出来るようになっていることに気付き、努力は裏切らないと確信する。

以後、染み抜き・染色補正の技術を学びながら、独自の染み抜き修復加工の研究を続ける。

2007年 世の中には、クリーニングで落ちないシミや染み抜きを任せられるお店が無くて、困っている人が多くいる事を知る。

「職人は、誰かに求められてこそ存在意義がある」

と、常々考えていた事もあり、これまでは主に和装関連企業を取引先としてきたが、より多くの染み抜きで困っている人を救いたいという思いから、染み抜き・染色補正の専門店の立ち上げを決意。

満を持して、染み抜きと染色補正専門店【なをし屋】を設立。

2008年 クリーニング・洗濯トラブルの大手お助けサイト「衣類よ集まれ!」の、最も難しいといわれる分野「染色達人」に抜擢され、
染み抜き王子こと福永真一氏の唯一の後継者として数々の衣類の難問を解決。

2009年 着物通(つう)に絶大な人気を誇る雑誌「七緒」にて、「着物お手入れの達人」として紹介される。

2010年 着物の雑誌「七緒」の別冊にて、特集記事を監修。また、同誌にて、頼れるお手入れのお店として紹介される。
京都新聞夕刊の1面にて、Twitterでのお手入れ相談の記事が掲載される。

2011年 京都新聞経済面にて、現代の悉皆屋のコンセプト、悉皆.comが、新しいビジネスの形として紹介される。
繊研新聞社「季刊きもの」秋号にて、新しいビジネススタイルとして、当店が紹介される。

「七緒 Vol.27」にて、頼れるお直しの店として紹介される。また、関連記事の監修を担当。
朝日新聞朝刊にて、着物のお手入れを頼めるお店として紹介される。

京都で染色補正師として活躍しながら、「麻呂」の異名を持つ。

誕生日が7月4日で、その日が「直しの日」というほとんど冗談のような運命の巡り合わせであったことをつい最近知る。

京都のとても小さなお店ですが、お客様からの感謝のお言葉を励みに、助けを求めて全国から届くご依頼品と日々格闘しています。

 

 

なをし屋代表 あいさつ

【なをし屋】代表・染色補正師の栗田裕史(くりたひろし)です。

当店に興味を持っていただき、本当にありがとうございます。

当店は、着物の街【京都】に約三百年伝わる染色補正の流派、【幾久屋流】の伝統ある技を継承し、最新の技術・設備・化学・理論を組み合わせた、独自の染み抜き技術を持つ染み抜き専門店です。

一般的なクリーニング店は、染み抜きの出来るお店が少ないのが現状で、変色したシミを直せるお店は、ほとんどありません。

衣類のシミが変色した部分を色かけによって元の色に戻す技術は、伝統の職人技「染色補正」がもっとも得意とする分野です。

お着物はもちろんのこと、洋服などの衣類・革製品などの染み抜きも、染色補正師が代表を務める当店におまかせください。

世の中に染み抜きやお手入れを行うお店は数多くあります。

ですが、多くのお店は取り次ぎだけで下請けに出しているか、受付と作業をする人が別で、染み抜きを行う職人に直接相談が出来ませんので、細かいご要望などが伝わりません。

当店は、ご相談のお伺いから検品テスト・お見積もり・染み抜き作業まで、同じ職人が一貫して行います。

お客様のご要望はもちろん、お品物への想いや愛情まで、実際に作業を行う職人【染色補正師・栗田 裕史】が責任を持って承ります!

伝統と最新を融合させた、クオリティの高い【染み抜き京都職人】の技で、お客様の大切な衣類を救います。

【なをし屋】代表・染色補正師 栗田 裕史

【国家認定・一級染色補正技能士】

なをし屋を始めた理由(わけ)

私、なをし屋代表の栗田裕史(くりたひろし)は、染色補正業を営む父の、跡継ぎを強制された訳ではありませんが、2代目として生まれました。

染色補正という業種は、今でもそうですが、和装業界の裏方的存在の職人さんがほとんどで、私のように、表に出て商いをする方はまだまだ珍しいのが現状です。

そんな裏方から表舞台に出て【なをし屋】を立ち上げ、ネットや店頭で一般のお客様のお品物をお預かりさせていただき始めて10年ほどになりますが、何故、着物業界の裏方の一職人がそこに至ったか?の経緯を、少しお話したいと思いいます。

父の跡継ぎとして染色補正業に就いた私は、業者さんから持ち込まれる品物をひたすら作業する日々で、失敗を乗り越えて経験と研究を重ね、技術はどんどんレベルアップしていきましたが、何と申しますか、仕事に対するやりがいとか充足感のような物を何となく感じられていませんでした。

そんなある春の日、経営者でもある父が命にかかわる大病を患い、突然、半年間の入院を余儀なくされました。

二人でもこなしきれないぐらいに仕事のご依頼があった状態でしたので、独り店を守らなければならなくなった私は、悲壮な使命感を抱えつつ、半年間ほぼ休み無しで、時には明け方まで必死になって仕事をしていました。

ただ、正直肉体的にも精神的にも辛かったですが、同時に父や店を守るためのやりがいを感じてもいました。

その後、何とか半年振りに父が無事退院して来た時、自分の力で店を守ったという達成感を味わうと同時に、またこのまま以前と同じ日々に戻るのではなく、自分の可能性を求めて挑戦してみたいという強い気持ちが心にあふれてきました。

そして、いつも感じていた物足りなさの原因が何か?と考えた時、今までの仕事は、誰かの為になっている、誰かの役に立っている、という実感がなかったからではないか?と思い至りました。

では、自分の仕事が誰かの為になっていることを実感するにはどうしたらよいか?と考えた時、やはり、困っているお客様と直接やり取りするしかないと結論付けて、今までの業者さんの仕事を承る以外の窓口として、「なをし屋」を立ち上げました。

私が店を立ち上げた時、ずっと裏方として仕事をしてきた私は、集客はおろか、お客様への対応すらおぼつかない有様で、多くの失敗や苦労を重ねました。そして、全く知名度もない私にご依頼いただいた大切なお客様にもご迷惑をおかけいたしました。

そんな私とこのお店「なをし屋」は、優しいお客様に支えられて、2017年7月に創業10周年を迎える事が出来ました。

そしてこれからも、京都のこの小さなお店に着物のお手入れで助けを求めていただけるお客様のために、初心を忘れず精進していきたいと思っております。

世間では、職人というと怖いイメージがあるようですが、私は「コワくない職人」を自称しております。

お着物のクリーニング・染み抜き・お手入れに関することでしたら、どんな些細な事でもどうぞお気軽くださいませ。

あなたの大切なお着物への想いを受け止めて、お役に立てる日を、心待ちにしております。

なをし屋代表・栗田 裕史(くりた ひろし)

なをし屋代表ご挨拶

LINEトークでもご相談いただけます

【当店のLINE@公式アカウントへ染み抜きや着物クリーニングなどの相談をするには、LINE@のアイコンをクリックしてください】

LINEat_icon_basic_A
ご相談内容【お品物の種類・トラブルの状態・ご希望内容】とトラブルの画像があれば貼り付けて、お気軽にご相談くださいませ。
※スマートフォンのLINEを使った相談です※
※即時の回答ではありませんので、お急ぎの場合はお電話にてご相談くださいませ。※

なをし屋のLINE@公式アカウントとお友達になっていただくには、下のアイコンをクリックしてください。ワンアクションでご登録いただけます。

着物の染み抜き・クリーニング・お手入れなどでお困りなら何でもお気軽にご相談ください。    ⇩今すぐお電話ください⇩075-204-7738受付時間 11:00-18:00 [定休日 日曜・祝日 ]

なをし屋へのお問い合わせ方法はこちらお気軽にご相談ください。

なをし屋よりお知らせ

■ 定休日及び営業時間のお知らせ
営業時間:11時~18時  定休日:日曜・祝日となっております。その他にも臨時休業をさせていただく場合がございますので、お手数ではございますが、本サイトの営業カレンダーをご確認の上、ご来店をお願い申し上げます。

当店へのアクセス

当店へは、阪急京都線「西院」駅より徒歩で約7~8分の距離になります。

西大路四条の交差点を、南へ約300m、
仏光寺通と高辻通の間の信号機の無い道を、東へ約100m。

檜(ひのき)公園の北側、シルバーグレーの3階建ての建物が【なをし屋】です。

まことに申し訳ありませんが、駐車場はございませんのでご注意ください。

ご相談だけでも、大歓迎です。お気軽にお越しください。

〒604-8846 京都市中京区壬生西桧町16番地7

なをし屋営業カレンダー

営業時間 11:00~18:00
定休日 日曜・祝日
TEL 075-204-7738